ベリーマッチング【VERY MATCHING】
  • マッチング
  • イベント
  • 応援・協賛企業
  • レポート

とちぎ結婚支援センター・下野新聞社

とちぎマリサポソリューショントーク

オール栃木で縁結び!!企業や団体が出会いの場を提供

case④ 行内の独身男女が結婚しやすい環境を整備

栃木銀行

 

栃木銀行は、2008年にとちぎ未来クラブに加入し、以来、2名の企業内結婚サポーターを登録し、銀行内の独身男女行員に対して、とちぎ未来クラブが主催や共催で実施する、さまざまな婚活イベントや結婚支援情報などの提供を行っています。

 

同行の結婚支援への取り組みは10年以上前から始まっており、とちぎ未来クラブが発足する1年前の06年から異業種との交流会をスタートしています。これまで延べ650人が参加しており、カップルは多い時で8組も成立したことがありました。

 

17年1月に実施された交流会「とちコン」では、宇都宮市新里町のろまんちっく村で男女40人が参加し自己紹介などの後、ピザ作りなどをして交流を深め、9組のカップルが成立しています。

 

同行では、婚活に積極的な人もいれば、マイペースな人もいるため、イベント等への参加は自主性に委ねています。最近は男女ともに独身者が増える傾向にありますが、同行では出会いの場を提供するだけでなく、結婚しても働きやすい環境も整備されています。「育児休暇、復職制度などを利用する人も増えており、以前より結婚や子育てがしやすい環境が整えられてきています」と結婚サポーターの高野美穂係長は話します。

 

もう一人の結婚サポーターの山口博久さんは「これからもチラシなどでイベント開催情報を継続して提供し、交流会等への参加をサポートしていきたいですね。また、イベント時には、同じ行内でも違う支店に勤務しているため、初対面の人も結構多いので、若い人の横の交流を深めていきたいです。そうすることで栃木銀行自体が活性化していくと思います」と今後の意気込みを語ってくれました。

一覧に戻る
このページのトップへ